旭 揚子(あさひ・ようこ)先生

静岡県立清水南高校芸術科卒業。
国立音楽大学器楽科ヴァイオリン専攻卒業。
鈴木元、井出尚子、徳永二男、中塚和良各氏に師事。
静岡室内楽団員。
泉のまち音楽会、伊豆ニューイヤーコンサート等に出演。

梅原 聖子(うめばら・せいこ)先生

伊東市出身。
3歳よりヴァイオリンを始める。
東京音楽大学付属高校、同大学卒業。
これまでに福崎至佐子、佐藤多美子、外岡協子、大谷康子の各氏に師事。
現在はオーケストラ、室内楽など演奏活動を行いながら後進の指導にあたっている。

酒井 静香(さかい・しずか)先生

3歳から鈴木メソッドでヴァイオリンを始める。
長野県立小諸高等学校音楽科を経て、国立音楽大学音楽学部演奏学科ヴァイオリン専攻卒業。
同時に室内楽コース修了。
在学中、第80回ソロ・室内楽演奏会に弦楽四重奏で出演。
秋吉台室内楽セミナーマスタークラスを受講。
原田哲夫氏、藤原真理氏と共演。
ヴァイオリンを、北原よし子、漆原啓子の各氏に師事。
静岡交響楽団ヴァイオリン奏者。
富士ジュニアオーケストラ講師。日本弦楽器指導者協会会員。

橋本 侑里映(はしもと・ゆりえ)先生

東京都出身。上野学園高等学校音楽学科演奏家コースヴァイオリン専攻卒業。桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン専攻卒業。桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程修了。これまでに海野義雄、恵藤久美子、矢部達哉、佐藤まどか、小森谷巧、池田雄彦、池田弘の各氏に師事。室内楽を藤原浜雄、三上桂子の各氏に師事。Pacific Music Festival 2013、2014に出演。品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ弦トレーナー。録音専門オーケストラgaQdanメンバー。弦楽器専門店リジカーレ音楽教室ヴァイオリン講師。

寺田 さくら(てらだ・さくら)先生

2歳半よりヴァイオリンを始める。静岡県立清水南高校芸術科卒業。
大学入学と同時にヴィオラを始める。
東京音楽大学卒業、同大学大学院科目等履修生修了。
これまでにヴァイオリンを浅岡幸男、樽井直美、故 玉置勝彦の各氏に、ヴィオラを兎塚俊之、大野かおるの各氏に師事。
第29回 静岡県学生音楽コンクール 中高生の部 第3位
第15回 日本演奏家コンクール 特別賞
大学在学中に小林研一郎指揮、東京音楽大学シンフォニックオーケストラに選抜され欧州公演に参加。
クラシックのみならず、アーティストのCDレコーディングなど、ポップスの分野にも幅を広げている。
静岡交響楽団団員。

山嵜 優樹(やまざき・ゆうき)先生

3歳よりヴァイオリンを始め、10歳から中塚和良氏に師事。
国立音楽大学附属音楽高校をヴァイオリンで卒業し、同大学をヴィオラで卒業。
現在、静岡交響楽団ヴィオラ奏者。
ヴァイオリン、ヴィオラ講師。

池田 多香(いけだ・たか)先生

4歳から山手音楽教室(現フェリス音楽教室)に入室、同教室で6歳からヴァイオリンを始める。
昭和音楽大学 音楽学部 器楽学科 ヴァイオリン専攻卒業。
これまでにヴァイオリンを柳澤純一、岡崎光子、久保田良作、川上久雄の各氏に師事。
横浜音楽協会主催 第3回ローズコンサートに出演する。

舟山 奏(ふなやま・かなで)先生

東京藝術大学音楽学部附属音楽高校卒業
東京藝術大学音楽学部器楽科卒業
バイオリンを辰巳明子と清水高師の両氏、室内楽を漆原朝子、迫昭義、松原勝也、澤和樹、A・レヴィタンの各氏に師事。
パリエコールノルマル音楽院の最高位コンサーティストクラスに在籍。
フルスカラシップを得てアメリカフィラデルフィアのテンプル大学に留学、ヴァイオリンをエドワード・シュミーダー、室内楽をランバート・オルキスに師事。
2017年5月、同大学の修士課程を首席で卒業
現在、静岡交響楽団 団員
小田原室内管弦楽団 コンサートマスター
日本クラシック音楽コンクール 全国大会審査員