伊藤 早紀(いとう・さき)先生

静岡県御殿場市出身。
3歳よりピアノを始める。
静岡県立沼津西高等学校芸術科を卒業後、2010年渡欧。
2011年よりウィーンコンセルヴァトリウム私立音楽大学(現ウィーン市立音楽大学)で学び、2015年同大学を最優秀の成績で卒業。
ロゼピアノコンクール2017 大学・一般の部B 第2位(1位なし)。
第23回「静岡の名手たち」鍵盤楽器部門オーディション合格。
現在、ソロや室内楽、伴奏で演奏活動を行うと共に後進の指導にもあたっている。
これまでにピアノを阪本クリスト祐子、ミヒャエル・クリスト、ドリス・アダム、仲澤裕恵、伊賀輝子、大原明美、室内楽をルカ・モンティの各氏に師事。
ヘンリ・シーグフリードソン、パウル・バドゥラ=スコダ、アレクサンダー・イェンナー、ベルント・ゲツケ、アレクセイ・ゴルラッチ各氏のマスタークラスを受講。

岩田 美和(いわた・みわ)先生

国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。
クラシックピアノを池田紀美子、石原弘枝、奥田京子各氏に、ジャズアレンジを北條直彦氏に師事。
アレクサンダーセメツキー、グンデルデッカート、久元祐子各氏のレッスンを受講。
東京の楽器店にて講師を務め、のべ200人以上を指導。
伴奏やジョイントコンサート等で演奏活動も行なっている。